オカリナの咲く庭

オカリナメインのつもりですが、本や生活についても書いています。

無垢材テーブルの手入れ(ラナパー)

前回のブログで、無垢材テーブルの

べたつき解消法について

書きました↓

 

100acrewoods.jp

 

今回は、その続きとなります。

 

べたつきは無くなったのですが、

油膜もすっかりなくなってしまい、

テーブルの表面が白っぽくなってしまいました。

 

我が家のテーブルは、オイル塗装のもので、

本当は、定期的にオイルを塗り直さないと

いけないテーブルでした。

しかし十数年間、一度も手入れをしていませんでした。

 

さすがに今回は、オイルを塗らなければと思い、

べたつきを取る作業後、ある程度乾燥させてから、

すぐにオイルを塗ることにしました。

 

しかし、家に「無垢材用のオイル」を

用意しておらず…

何か代用できそうな物がないか

考えた末、

Ranapur(ラナパーレザー・トリートメント)

ありました。

これは蜜蝋(ミツロウ)を主原料にホホバ油を配合したもの。

 

無垢材に使えないか、ネットで調べたところ、

使えることがわかりました。

 

Ranapur(ラナパー)で無垢材の手入れ方法

 

  1. キッチンペーパーで、テーブル表面の汚れを取る。
  2. 新しいキッチンペーパーに、ラナパーを少量ずつ付ける。
  3. 木目に沿って、ムラなく塗っていく。
  4. テーブルの側面や脚も、忘れずに塗る。
  5. 塗り終えたら、10~20分ほど時間を置き、吸収させる。
  6. 余分なラナパーが表面に残っている状態になっているので、新しいキッチンペーパーで拭き取る。
  7. べたつきがなくなるまで、30分以上乾かす。それでもべたつきがある場合は、再度拭き取る。

まとめ

 

今回は、

中性洗剤でべたつきを取ったため、

なるべく早めにオイルを塗った方が良いと感じたので、

家にあったラナパーで、私はオイル塗装をしました。

 

テーブルの表面が白っぽくなり、

油膜が無い状態のテーブルとなっていたので、

私は2~5の工程を3回ほど繰り返しました。

テーブルの状態に合わせて、

ラナパーの量を加減することが

大事かなと感じました。

 

それから1ヶ月ほど経ちましたが、

テーブルの艶も色も元通りで、問題のない状態です。

 

ラナパーは、

革製品の保護が主目的のようですが、

「その他広い用途に使えます。」

とも記載されています。

 

すぐに

下の無垢材専用オイルを購入したのですが、

急ぎの場合はラナパーも

代用できることがわかりました。

 

また

オイル塗装のテーブルは、

数か月~半年に1回は

オイルを塗ることが必要なようです。

手入れをしないと

ひび割れなどが起きることもあるようです。

 

テーブルは、

簡単に買い替えができないので、

今後は定期的に手入れをして

大切にしていきたいと思います。


 


 

 

100acrewoods.jp